PHM PDX by Predictronics

PHM PDX by Predictronics

トレーニングの狙い

プログラミング実習が中心のデータサイエンティスト育成講座とは異なるPHM向けの独自カリキュラムを準備。PHMに取り組みたい方を対象に、物理モデルアプローチとデータ駆動アプローチの両面からPHMを解説します。受講者は、PHMの技術体系を総合的に理解した上で、適切なアプローチで分析作業を実践することができる「PHM分析のリーダー」となる人材を目指します。

対象

  • 製造/サービス業における保守・生産・品質管理・設計などの部門でデータ活用に携わる方やこれから活用しようと考えている方
  • 製造業において開発・設計に携わる方
  • 製造業への応用に興味をもつマーケティング系のデータサイエンティストの方
  • PHMに関心のあるIT技術者の方

PHM Prognostics and Health Management 寿命予測と健全性管理

特徴

オンライントレーニング

  • 機器のシステム健康管理に必要な広範な物理モデルベース、データ駆動の方法論の全体像を理解できる。
  • データ活用におけるビジネス理解、センサーデータの獲得と前処理、異常検知、データの前処理、故障検知、故障診断、故障予知にいたる機器データ分析プロセスの全体像を理解できる。

ビジネスシミュレーション研修

  • 先進的にAI活用に取り組んでいる企業で活躍するデータサイエンティスト達の経験に基づいた、オリジナル研修プログラム。
  • データサイエンティストとして実践で活躍する先達者が経験した、データ分析を活用した課題解決方法、重要なポイント、落とし穴などをワークショップを通じて体験。
↓

PHMをビジネスに導入したいとお考えのみなさまに2つの講座を用意しています。

オンライントレーニング
PHM人材育成講座 理論編

オンライン受講でPHMの基本的な考え方を習得できる動画プログラム

予備知識

PHMに取り組もうと考えている方で、以下の知識を有する方
  • 大学の教養課程レベルの確率・統計知識
  • 大学の教養課程レベルの各種工学知識

プログラム

《全編、2019年冬公開予定》

  • 1. 背景 無料公開中

    機器モニタリングで得られたデータ分析が注目されている背景の説明、データ活用の意義

  • 2. PHM入門

    従来の設備保全のための信頼性工学の基礎知識、センサーとデータ活用をより強調した信頼性工学をベースとする学問分野、PHM・SHM(Systems Health Management)の概略

  • 3. PHMの方法論

    伝統的な信頼性工学の故障物理アプローチを起点とするモデルベースアプローチと、近年注目されているデータ駆動アプローチについて

  • 4. データ獲得とデータ前処理

    センサーの選択やセンサーデータの前処理について

  • 5. 異常検知

    異常検知モデルの構築ステップや評価方法、モデル化手法について

  • 6. 故障診断

    故障物理とはそもそも何か、故障メカニズムからその関係モデルについて

  • 7. 故障予測

    寿命予測とは何か、寿命予測を物理ベースアプローチ・データ駆動アプローチ双方からの分析に関して

講座内容はお気軽にご相談ください

ビジネスシミュレーション研修
PHM人材育成講座
実践入門ワークショップ

データ活用先進企業のデータサイエンティスト達の実体験に基づき独自に作成した教材による実践的トレーニング

受講対象

  • 保守・生産・品質管理部門でデータ活用に携わる方
  • 製造業にて開発・設計に携わる方
  • マーケティング系データサイエンティスト(応用として)
  • PHMに関心のあるIT技術者

予備知識

  • データ分析、統計、機械学習などの概要を理解している
  • 以下のアルゴリズムをおおよそ理解(使いこなしは不問)している
    – ロジスティック回帰分析、クラスター分析、時系列分析、主成分分析、頻度分析
Work Shop

講座内容はお気軽にご相談ください

データ分析業務の正しいアプローチを実務をモデル化したワークショップで体験

  • スライド 01
  • スライド 02
  • スライド 03
  • スライド 04
  • スライド 05
  • スライド 06

製造業で活躍するデータサイエンティストへのヒアリングに基づきプログラムを開発。彼らの体験を“追体験”できます。直接頭と手を動かすゲーム要素のあるワークショップで体感度アップ。翌日から早速実践可能です。

  • 写真 01

Solution